HP ENVY x360 13(RYZEN7, 3700U)のレビュー

HP ENVY x360 13(ar0000)は個人向けプレミアムノートパソコンとしてつくられ、モバイル性だけでなくコンパーチブルとして使える実用性や耐久など幅広い使用を考えられたモデルです。本機は全モデルでCPU(APU)にAMD RYZENプロセッサ(Picasso)が搭載されており、内蔵GPUの「RADION Vega」によりモバイルノートでも簡単な画像処置や編集を行えます。

AMDのプロセッサはインテルと比べて予算を抑えつつそれなりの性能を手に入れやすいので、コスト優先な方におすすめしたいです。最小構成のスペックでネットやofficeを十分使いこなすことができ、価格は69,500円(税抜き)~と手の届きやすいです。

ディスプレイの解像度は、「Full-HDグレア」、タッチパネルの1種類のみです。モデルはベーシック、スタンダード、パフォーマンスと3種類あります。ベーシックモデルが「RYZEN3、メモリ:8Gとストレージ:256GB」、スタンダードモデルが「RYZEN5、メモリ:8Gとストレージ:256GB」、パフォーマンスが「RYZEN7、メモリ:16Gとストレージ:512GB」です。

モデル間の価格差はベーシックとスタンダードが7,000円、スタンダードとパフォーマンスが18,000円です。CPUの性能はRYZEN5と7でほとんど差がないのでメモリとストレージが倍になる費用が1.8000円と考えれば良いでしょう。

HP ENVY x360 13(ar0003au)のスペック

主にプレゼンや文書作成用ですが、開発環境を簡単を想定してパフォーマンスモデルにしました。。

プロセッサ AMD RYZEN7- 3700U
メモリ16GB (DDR4-2400MHz)
グラフィックスAMD Radeon™ RX Vega 10
(内臓)
ディスプレイ13.3 inch (1920×1080)
IPS
型番:L53431-001
ストレージ512GB PCIe SSD
重さ1.28kg

windowsモバイルノートで圧倒的なコスパとスタイリッシュさ

外観

アルミの削り出しボディにより薄型でも高い堅牢性があり、開閉テストではコンパーチブルの使用を想定したヒンジ部分まで耐久性テストにより安心してしっかり使え倒せます。コンパーチブルは、文書作成するだけでなく場所を選ばずプレゼンや鑑賞など作業性に優れています。

パームネストは外装部と同じようにアルミです。指紋センサがあるのでwindows helloに対応しています。

13インチの標準的な大きさで持ち運びやすい

Macbookなどハイスペックなモバイルノートと比較してもHP ENVYシリーズは大きすぎることなく軽さも問題無しです。

HP ENVY x360 13 2019
(3700U, Full-HD)
Apple MacBook Pro 13 2019
(2.4 GHz, Retina)
HP spectre x360 13 2019
(8565U, Full-HD)
奥行:212 mm
幅:306 mm
高さ:14.5~16.0 mm
重量:1.28 kg
奥行:212.4 mm
幅:304.1 mm
高さ:14.9 mm
重量:1.37 kg
奥行:217 mm
幅:308 mm
高さ:14.3~16.0 mm
重量:1.23kg

A4用紙の大きさ(210mm ☓ 297mm)とほぼ同じなので、カバンに入れて持ち運びやすいです。

ディスプレイ

フルハイビジョンのIPSパネルには、型番L53431-001が搭載されています。海外モデルのデータシートによれば、NTSCで72%をカバーしておりsRGBに対応しています。液晶の輝度は400nitです。

コンパーチブルとしていろんな角度でモニタをみることを想定してあり、光沢のあるグレア液晶も高い輝度のおかげで視認性は抜群です。

fhe 比較」の計測結果は、sRGBカバー率で99.6%、Adobe RGBカバー率で75.2%となっており、上位機種と比較しても液晶の性能はかなり優秀です。

HP ENVY x360 13 2019
(7700HQ, Full-HD)
Apple MacBook Pro 13 2019
(2.4 GHz, Retina)
HP Spectre x360 132019
(8565U,Full-HD)
modelL53431-001
1920×1080, 13.3
Apple APPA03E
2560×1600, 13.3
M133NVF3
1920×1080, 13.3
Brightness392480298
Contrast15381524693
Adobe RGB75.278.458.9
sRGB99.699.989.8
参考:「Notebook Check」,「the比較

ディスプレイ上部にカメラがあり、カメラのアングルは自然な印象です。物理的にカメラの回路を遮断するスイッチが右側面にあるのでプライバシーの安全性が高いです。

キーボード

手が直接触れる部分は負荷をかけるとスピーカー上部がやや暖かくなります。決して熱いわけではないのでキー入力には問題ないです。マウスパッドの大きさは広くて扱いやすいです。

EnterやBack spaceキーが最右列の配置ではありませんが、1つずつのキー間隔がしっかりしておりタイピングがしやすいです。キーボードのバックライトは、fnキーで操作することができoffと2段階(強・弱)に調整できます。

ストレージ

PCIe SSDが標準に装備されており、高速なアクセスが可能です。「PCIe」は理論上の帯域幅がSATAの最大4倍あり、NVMeホストプロトコルが採用されています。

「Crystaldiskmark6」を使った転送速度です。使用条件によって数字は変化するので参考程度にみてもらいたいが、シーケンシャルでは動画ファイルのような連続的な読み書きを表し、ランダムアクセスはOSの起動に役立ちますがどちらも優秀です。

シーケンシャルの速度がかなり早いです。

パフォーマンス

「Cinebench R20」でのCPUのベンチマーク性能を測定しました。

前バージョンのCinebench R15は、R20と数値比較できないので参考用にCinebench R15のスコアを追加測定しました。

CPUのベンチマークは、上位機種のSpectreと比較しても遜色の無いスコアです。グラフィックは内臓のなかでは高めです。

HP ENVY x360 13 2019HP Spectre x360 13 2019 (i7-8565U)
Geekbench4 CPUSingle:4058
Multi:12154
Single:5349
Multi:13504
Cinebench R20Single:359
Multi:1241
Single:357
Multi:1021
Cinebench R15 OpenCL52.5355.59
参考:「Notebook Check

拡張性

本体の側面にそれぞれ USB3.1 Genが1個ずつ付いています。その他、左側面に電源ボタン、ヘッドセットジャックがあり、右側面にはプライバシーカメラキルスイッチ、Micro SDカードスロット、Thunderbolt3(USB3.1)、電源コネクタが備わっています。

総評

ENVY x360 13のパフォーマンスモデルについてレビューしましたが、スタンダード(Ryzen™ 5 3500U)とどちらもコスパは良いです。AMDのチップを構成したことによって価格が抑えられディスプレイやその他のクオリティも高いためはじめてパソコンを買う方にも自信を持っておすすめできます。

動画編集やゲームなど高負荷は難しいけど、持ち運ぶノートとしてENVYは現ラインアップの中でとてもバランスの良い1台です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする