Dell XPS15が届いたので開封してみた

仕事で毎日パソコンを頻繁に使用してます。現在使用しているノートパソコンはオフィスやネットなどの用途で全く不満は有りませんが、グラフィック性能は年々進化しており、ソフトウェアの開発では徐々に不満が蓄積されてました。プライベートで動画編集もこなすことができ、コスパとモバイル性が良いモデルを探しているとXPS15を見つけました。

注文して2週間で到着!早速開封してみた

外箱はかなり大きめ。中身を確認してみるとクッション性のある梱包材と一緒に充電器、そして重厚感のある漆黒の内箱が出てきた。

内箱の中身はもちろん本体が入っていた。アルミのキズ防止目的なのかとても丁寧にラッピングされていた。取り出すためのフィルム処理もされており、とても親切な設計で好感が持てます。

内箱の底面には、クイックスタートガイド、サポートなどの情報が書かれた書類があった。クイックスタートガイドにはファンクションキーの割り当てが載っており慣れるまでは非常に役に立つ。

外箱の中には本体とは別のところに充電ケーブルが付属されていた。持ち運びしやすいように厚みが抑えてあるポイントは評価が高い。こんな部分も保護フィルムで覆われていた。

通電後、windows10のセットアップ

保護フィルムを剥がしいざオープン。アルミのボディはヒンヤリとした肌感だがサラっとしていてバッテリは充電しなくてもセットアップを完了するには余裕程度の残量があるようだ。

今まで使用していたPC(VAIO)はwindows7からアップグレードして使用していたため、最初からのセットアップは久しぶり。出荷時設定の音量設定では、コルタナの音声が想像以上にデカイので小さめを推奨する。

キーボードの選択、無線LANの接続と順に行い、指紋(生体認証)の登録を行う。

PINコード、個人情報を入力し、セットアップは完了である。

詳細なレビューはまた後日にします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする